ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ただいま仕事も忙しい時期に突入したのですが、それ以外にも忙しい原因が・・・。
保護者会関連です?。
総会はなんとか無事に終わったのですが、出席者はほんとに少なかったです。いいのか??という感じ。
センムのクラスなんかは3人しか来てなかったですし(子供は20人いますよ。)、しゃちょーのクラスも半分は来てなかったなあ。
すごく疑問なんですが、みなさん何してるんですかね??
だって土曜日に保育園に預けられている子ってすごく少ないんですよ。
うちはもちろん仕事だから毎週預けているんですが、保護者会を欠席している人の子供たちのうち大部分はお見かけしたことがありませんが。
みなさんお仕事やのっぴきなら無いご用事で欠席されているんですよね????
(保護者会は担任の先生との懇談等もあるんです。)

そして会長だったワタクシは引き継ぎ資料などを作る作業に追われています。
そして新役員が無事に決まらなかったクラスのくじ引きなどもやりました。
引き継ぎはゴールデンウィーク明けなんですが、無事に役職関連が決まるかなあと今からドキドキしています。
私たちのときは会長職以外は!すんなり決まったのですが、毎年もめるそうなので・・・。
しばらく憂うつな毎日が続きそうでほんとに胃が痛いです。
スポンサーサイト




めでたくしゃちょーが三歳児クラスに進級しました。
三歳児クラスとそれ以下のクラスではかなり保育園での生活が違うことを私自身がよくわかっていなかったのですが、しゃちょーは大興奮です。
上履きを履いて過ごす、午前中のおやつ(といっても牛乳とかの飲み物)がなくなる、延長保育の間も三歳児以上の子たちと過ごすといったことがかなり刺激的なご様子。
こまごまとしたことをたくさん報告してくれます。
あげくに昨日、「しゃちょー、そろそろお風呂に入って」と声をかけると「すみれさん(進級したクラスの名前)って呼んで!」と要求されました。
オットと2人で爆笑してしまいました。
もちろんお望み通り「すみれさん」とたくさん呼んであげました。




保育園で進級に向けての教室移動がありました。
しゃちょーはとうとう3歳児クラス。
幼稚園で言うと年少クラスというところでしょうか。
お兄ちゃんになってきたなと日々実感させられるのですが、世間的に言うとまだまだ幼児の域にやっと入ったところという感じなんでしょうかね。

3歳児クラスになるのにあたって通園時自分でカバンを持っていくようになります。
だいたいの子はリュックだそうなのでしゃちょーもリュックにしてみました。
DSCF3940.jpg

買うときは「どれでもいいよ」なんてつれなかったのですが、今日持たせると大喜びでしょって歩いていました。
後ろ姿はもうりっぱなお兄ちゃんだなあと、母はこんなことでも目頭が熱くなるのでした。




土曜日は卒園式でした。
私も保護者会の関係で参加、しかも祝辞を読むと言う大役まで!ありました。
直前までは仕事も休まなくてはいけないのに自分の子の卒園式ではないし、スーツは着なくちゃならないし(ちなみにスーツはもう5、6年前のもの。良く着られたと我ながら感動)、と諸々あってかなり憂うつだったのですが、出席するともう感動の一言でした。
保育園の卒園式ってほとんどの保護者の方が泣くもんなんですね。
卒園するまでには本当にどのご家庭もうちみたいに仕事を抱えつつ懸命やって来られたのでしょうから感激もひとしおといったところなんでしょうねえ。
いや、自分の子の式ではなくてもかなりウルウルしてしまいました。
やはり入園当初は赤ん坊だった子たちが立派に保育修了証書なるものを園長先生からもらい、歌をしっかり歌い、、なんて姿を見たら泣けてきます。
そして卒園式では一所懸命に園児たちが歌っていましたが、その中でもメインの歌は「生きてこそ」というもの。
調べたらKiroroの歌らしいのですが(しかもムシキングの歌だったらしい?)、この歌詞がかなり泣かせるもので、正直園児たちにはちょっと難しいと思われるのですが、本当に感動しました。
あんな歌、面と向かって歌われたら人の親なら泣かずにはいられないと思います。

あ?しゃちょーも次は3歳児クラス。
卒園まであと3年です。なんだかあっという間に過ぎていきそうです。
しゃちょーやセンムの卒園時には号泣しそうな予感がします。




ハロウィンの日、今度はしゃちょーの保育参観に行ってきました。
しゃちょーはかぼちゃのお化けになっており、本人もとっても気に入っていたようです。

DSCF3321.jpg


去年に比べると先生のお話をみんなでじっと聞くことができたり、手をつないで道路を歩くことも上手になっていたり、成長が伺えました。
でもまだ3歳。
幼稚園ではまだ年少組にも入れない年なのです。
私の姿を見つけるとずーっと一緒にいたがって、いつもは1人で出来るトイレも食事も私がついていかないと泣いていました。
あ?こんなに甘えん坊なのはいつまでなんでしょうかねえ。
将来を想像するとまた寂しくなっちゃうのですよね。







センムの保育参観に行ってきました。

DSCF3317.jpg


ピンクは彼の趣味なわけではなく、学年の色がピンクなのです。
ずいぶんしっかり歩けるようになりました。
立派に外で遊べます。

DSCF3320.jpg


アスレチックのこんな網もなんなく登ってしまうのにびっくりしてしまいました。
普段なかなかこういう姿を見ることができないので保育参観はほんとうに貴重な時間でした。
センムは私におかまいなく1人で色々なところに出掛け、上級生たちに声をかけられながらご機嫌に遊んでいました。
で、私はまんまとしゃちょーに見つかり、彼のお供をさせられました。
センムの保育参観だったんだけどなあ・・・。




とうとう来週でセンムは6ヶ月齢。
延長保育が開始できる月齢になりました。
これでやっと土曜日に預けることができます。
市内の保育園では土曜日の保育時間は12時までと決まっていて、12時以降17時までは延長保育扱いなのです。
以前にも書いたかと思うのですがだいたい12時までに迎えに来れる仕事ってあるの???と思いますが。
午前中だけ働くにしても12時には迎えには来れないだろうに。
とにかくこれでやっと土曜日も働けることになるし、平日も一応19時半までは預かってもらえるので今迄みたいに16時過ぎに焦って迎えに行かなくても良くなってほっとしています。
ただ、本音からするともうちょっとゆっくり過ごしたかったなあと思います。
しゃちょーのときはまだ家に2人でいた時期でした。
保育園で一番小さいので王子様みたいに大切に預かってもらってはいますが、これでいいのかなあと常に自問自答する日々です。






センムも生後四ヶ月を過ぎ、離乳食前の準備食をすすめております。
そんな中、保育士の先生から栄養士と話をしてくださいとのことで、先日栄養士の先生と面談をしました。
そしてびっくり。
センムの準備食も離乳食も保育園主体でやってくれるというのです。
しゃちょーのときはもちろん自分でやっていましたが、1回食のとき
、本当は午前中に食べさせた方がよいところ私はしゃちょー連れでほぼ1日仕事をしていたので夜食べさせていました。
今回は1回食の場合保育園で用意して昼間食べさせてくれるというのです。
大変ありがたい!
しかしこんなに楽して良いのか??
もちろん週末や2回食になってからは自分で用意をしなければなりませんが、センムのために給食室で離乳食が作られるんだなあと思うと本当に感謝しております。
でもなんか楽しているので後ろめたい気持ちも・・・。
家でつくるときも給食室の離乳食に負けないくらいバランスの取れたものにしようと心に決めています。







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 しまぺこ育児日記, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。